なるべく早く

「なるべく早く」という表現は、催促を促すときによく使いますが、ビジネス英語やメールではどのように表現すればいいのでしょうか?

 

「なるべく早く」は、as soon as possibleをよく使いますが、それ以外にも言い方があるので、場面によって使い分けてみましょう。

 

【英語例文】

「なるべく早く」を表す表現

as soon as possible
as quickly as possible
as early as you can

「なるべく早く」をを使った例文

Please reply as soon as possible.
(なるべく早くご回答下さい)

Would you send me the data as soon as possible?
(なるべく早くデータを送ってもらえますか?)

Please submit that as soon as possible.
(なるべく早く提出してください)

都合はいかがでしょうか?

「都合はいかがでしょうか?」と聞くことはよくありますが、英語ではどう表現すればいいのでしょうか?「都合はどうですか?」と尋ねる時には、相手との関係によってカジュアルな表現とフォーマルな表現を区別して使い分けをしましょう。

連絡ありがとうございます

「連絡ありがとうございます」というお礼の表現はメールでも頻繁に使いますが、プライベートやビジネスの場面に応じてどう表現すればいいのでしょうか?表現を変えることで、その場に合った「連絡ありがとうございます」の返事をしていきましょう。

お久しぶりです

「お久しぶりです、ご無沙汰しています」、英語ではどう表現するのでしょうか?日常会話で使う表現と、ビジネス英語やメールで使う表現を使い分けることで、会話やメールの挨拶に上手く取り入れていきましょう。

いつもありがとうございます

お礼の気持ちを伝えるのに使う「いつもありがとうございます」というフレーズですが、英語ではどう表現するのでしょうか?ビジネスメールでは簡単に何に対してのお礼なのかを短く入れることで、書き出しをスムーズに始めることができます。

いつもお世話になっております

「いつもお世話になっております」という表現は、挨拶やビジネスメールで当たり前に使っていますが、英語ではどう表現するのでしょうか?会話の始まりやメールの冒頭では、「いつもお世話になっております」の代わりになる表現を使います。